人気ブログランキング |

ドパミン調節異常症/レボドパ含有製剤に基本的注意追記

厚労省は1月21日、レボドパ含有製剤の使用上の注意に対して、重要な基本的注意の項に「ドパミン調節障害症候群」の記載の追加を求める改訂指示を出し、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が改訂情報を伝えた。
レボドパとカルビドパ/ベンセラジド/エンタカポンの配合剤が対象。

報告例は1例とか2例らしいですが、まあ氷山の一角でしょう。報告してしまうと、薬を処方する方も、服用する方も不都合になってしまうからですね。

「ドパミン調節異常症」については拙著186ページに書いています。わかりやすく言うと「ドパミン依存症」のことです。

「薬をたくさん使わないと効果がでない」という思い込みから必要以上の服薬を求めて、場合によっては、他の医療機関に処方してもらおうとするケースもあります。本書では1.5%と書きましたが、程度問題であり、実際は10%以上は存在するでしょう。

この「ドパミン調節異常症」はもともとはドパミンアゴニストというドパミン受容体の刺激剤が登場したときに、注意喚起された有害事象ですが、少なからずレボドパ配合剤単独でも出現しうるという事でしょう。

私がこれまで診てきたケースでは、レボドパ配合剤とドパミンアゴニスト(多くはプラミペキソール)の高用量がすでに長年処方されているケースです。最大限まで増やされてしまい、その上で、セレギリン、ゾニサミドなどが続々とトッピングされて、精神疾患のようになってしまった症例をみたことがあります。中国地方のパーキンソン病で著名な医師から処方されていて、わざわざ受診したケースもあります。

対症療法とはいえ、パーキンソン病の方々にとってレボドパ配合剤、ドパミンが必要で有意義であることには異論はありませんが、その人にとって、本当に正しく使われているか?服用量はそれで適正なのか?を検証することは、実は容易ではないです。
私の印象では、オーバードース傾向になっているケースが圧倒的に多いのではないかと感じます。

昨年秋に四国から、一時的に横浜へ来られた80代女性のパーキンソン病の方がいました。前医ではレボドパ・カルビドパが350mg/日処方されており、同居者が、夜間の不穏や幻覚にかなり悩まされました。
パーキンソン病かわからないほど運動症状が軽微であったので、段階的にレボドパ・カルビドパを50mgずつ200mg/日まで減量して、最近はこの問題は落ち着いたようです。

「レボドパは安全性が高いから、動けるようになるのであればいくらでも増やせば良い」と断言する専門家もいるようですが、これまでセカンドオピニオンで受診された方々の多くはドパミン依存になっていました。おそらくレボドパ配合剤を含めたポリファーマシーが「ドパミン調節異常症」を助長するのだろうと思います。ドパミン作動薬の服用量と種類が増えれば増えるほどリスクが高くなるのは間違いないでしょう。

薬というのは意図した作用(中脳へのドパミン刺激)だけではなく、意図しない不都合な作用(側坐核や辺縁系へのドパミン刺激)も起こりうるものであるという事をもっと知るべきだと思います。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分







by shinyokohama-fc | 2020-01-27 12:16 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line