人気ブログランキング |

抗精神病薬の処方

抗精神病薬というジャンルの薬があります。

「統合失調症」の対症療法としては、非常に重要な薬であり、この薬のおかげで、病気の症状が寛解状態を維持できて、社会に適応できている人々が少なくないです。

通常は精神科でしか、処方されませんが、たまに精神科ではない、内科医が処方していることもまれにあるかもしれません。
患者さんの側(家族も含む)が「精神科」への受診を故意に避けたがるという問題もあります。

近年は、
①幻覚・妄想などの精神症状を主体とする、高齢者の認知機能低下症のケースが増えているようです。(レビー小体型認知症など)
②パーキンソン病の運動症状に対してレボドパ配合剤+ドパミンアゴニスト+その他という多剤併用のドパミン刺激剤を長年服用し続けて、高齢に至ってから、幻覚・妄想がなどの精神症状が現れてきたというケースもあります。

①の場合は、認知症専門外来で、②の場合は、パーキンソン専門外来で、それぞれ幻覚・妄想を抑える目的で、抗精神病薬という薬が処方されます

私はどちらも診ていますが、抗精神病薬はめったに処方することはありません。なぜなら幻覚・妄想は多くの場合、薬で誘発されているので、その原因薬を減量・中止することで軽減することがほとんどだからです。

原因薬は、パーキンソン病治療薬、特にドーパミンアゴニストや超短時間作用型のベンゾジアゼピン系睡眠薬、泌尿器科で処方される抗コリン薬、などです。

最近、紹介にて受診されたケースの場合は、薬が原因ではなくて、前頭葉の広範囲な脳梗塞が誘因でした。前頭葉の梗塞発症後から幻覚・妄想が誘発されたのです。

このケースを診察してみると、時計描画テスト、図形模写テストでも視覚・空間認知の問題があり、元々大脳皮質後方に問題があった可能性があります。潜在的に、レビー小体型認知症があったのかもしれません。

このケースでは、幻覚・妄想を誘発する薬は一切服用されておらず、前頭葉の脳梗塞後遺症は広範囲で不可逆的だと推定されたので、やむをえず、抗精神病薬を必要とするレアなケースと判断しました。

幻覚の起源としては、①大脳皮質後方(後頭葉・頭頂葉)の機能低下による視覚・空間認知機能の低下②脳幹上行網様体の機能低下による覚醒不良
妄想の起源としては、大脳皮質前方(前頭葉)の一部の機能低下と言われています。

抗精神病薬を認知症に使用するにあたっては、副作用に厳重な注意・監視が必要です。また2~3か月の期間限定的使用が推奨されています。

医療側からは、起こりうる危険事象/副作用に対する丁寧な説明とそれに対する患者側の同意確認が必要であるのは言うまでもないでしょう。

起こりうる危険事象/副作用を予測するためには、抗精神病薬の特性を知る必要があります(次のブログに続く)。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分







by shinyokohama-fc | 2019-12-23 12:30 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line