人気ブログランキング |

睡眠導入薬に警告

米国食品医薬品安全局(FDA)は、ゾルピデム(マイスリー🄬)、エスゾピクロン(ルネスタ🄬)、ザレプロンについて、服用後の異常行動による危険性を指摘。
新たに警告を追加しました。

66例の重篤なレベルの睡眠時行動異常が確認されたということです。
そのうち20例は異常行動で死亡
死因は一酸化炭素中毒、溺死、転倒、低体温、自動車事故、自殺
そのうち46例は過量服薬、転倒、火傷、溺水、自殺企図(銃殺)など重篤な
危険障害が報告
されています。

これらの睡眠導入薬で、異常行動を来たした既往歴のある患者については、使用禁忌を求めています。
服用後に半覚醒下での異常行動、服薬中の行動を覚えていないなどの場合は直ちに中止して、処方した医者に相談せよと警告しています。

私が主に診察している、パーキンソン病、レビー小体型認知症の患者さんは
70%くらいは、レム睡眠行動異常があります。
つまり、上記のリスクが通常よりも高い患者群と言えます。

ゾルピデムでの異常行動は自験例でも多数診ていて、数年前からは高齢者を含めて、自ら処方することはなくなりました。
他医で処方されているケースで異常行動や幻覚を誘発されているケースも多く、ゾルピデムを中止するように指示しています。
今後はエスゾピクロン、ゾピクロンなどでも気をつけるべきだと考えます。
エスゾピクロンでの異常行動の自験例がまだないのは、原則1mg処方にしているからなのかもしれません。

これらの薬はベンゾジアゼピン受容体作動薬です。以前は「非ベンゾジアゼピン」だと喧伝されて、使用量が米国でも日本でも飛躍的に増えましたが、
その分だけ、上記のような深刻な事例の報告も増えたようです。
一度服用を開始してしまうと、身体依存・精神依存が非常に強いので、なかなか中止できない状況になってしまう点が非常に厄介だと言えます。



新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分







by shinyokohama-fc | 2019-09-03 18:37 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line