人気ブログランキング |

誤診パーキンソン病

パーキンソン病ではないのに、パーキンソン病だと診断されて、必要性のないパーキンソン病治療薬を長年服用しているケースが非常に多いようです。

パーキンソン病と大病院数か所で明らかに誤診されていたケース、70代の男性が続けて、初診で受診されました。

お2人とも、呂律が回らない話し方で、左右に足を広げて、ふらついた歩き方でした。筋肉はまったく硬さはなく、むしろ柔らかいくらいでした。
ひざ~かかと試験をやってみると、左右のかかとでひざを正確に指すことができず、特に左に強い測定障害、ジャーク運動がありました。

これらの症例ではパーキンソン病の診断基準である、動作緩慢(おそい)、筋強剛(かたい)、静止時振戦(ふるえ)は一切確認できません。
小脳性の運動失調(アルコールを多飲したときに現れるような、しゃべり方、歩き方、手足の測定困難)であり、こんな症状がパーキンソン病で出ることはまずありえません。

実はパーキンソン病の診断は難しく、専門医でも感度80%くらいなのですが、今回の症例に関しては、なぜパーキンソン病と診断されているのか?
どう考えてもまったく理解できないというレベルでした。

我々、神経内科医は、動作歩行など運動症状の方が受診されれば、まずは「パーキンソン病」なのか、それ以外なのか?を見極める所から始めます。

近年は特に、高齢者の増加に伴って、レビー小体型認知症DLB、進行性核上性麻痺PSPのほうが、増えている傾向があるので、「パーキンソン病」ではない事のほうが多い気がします。

学会の提唱する、パーキンソン病を否定する根拠になりうる、除外診断基準を以下に示します。拙著140ページにも書いてます。

1)3年以内に姿勢が悪くなり、転倒を繰り返すようになる
2)5年以内に日常的に車椅子を使うようになる
3)5年以内に尿がもれる(A尿失禁)、尿が出ない(B尿閉)
4)5年以内に立ち上がると血圧が下がる
5)10年以内に首が前後に動かなくなり、腕や足の関節が動かなくなる
6)5年以内にしゃべりにくい(構音障害)飲み込みにくい(嚥下障害)
7)症状の左右差がなく、左右がほぼ同じ(両側性・対称性)

1)2)3A)5)6)7)は進行性核上性麻痺(PSP)
1)2)3A)4)5)6)7)はレビー小体型認知症(DLB)
3B)4)5)6)7)は多系統萎縮症(MSA-P )
6)だけだと脊髄小脳変性症(SCD)
を一般的に疑います。
病気の進行度・重症度は、MSA>PSP>>DLB>>SCD
難しいのが1)~7)に該当しない、皮質基底核変性症(CBS)です。

パーキンソン病では主に手首と足首、次に肘と膝の関節が硬くなりますが、
レボドパの服用で軽減します。逆にレボドパの服用で軽減しなければ、パーキンソン病ではないと国際的診断基準では言われています。

進行性核上性麻痺(PSP)やレビー小体型認知症(DLB)では手や足よりも、
頸部から体幹(体軸)の筋肉が硬くなります。体軸の筋肉の柔軟性がなくなるから、脊柱の側部にある傍脊柱筋が思うように自由に動かなくなり、姿勢が左右に傾斜したり、転倒しやすくなったりするわけです。

典型的なパーキンソン病の患者さんは、レボドパの服用で筋肉の硬さはなくなりますし、個人差はあるものの初期の5~10年は頸部~体幹の筋肉はそれほど顕著に硬くはならないので、姿勢が悪くなったり、転倒したりしないわけです。

今回、受診されたケースは「しゃべりにくい」です。
それも並大抵のレベルではなく、呂律が回らず、ほとんど言葉が正確に聞きとるのが難しいというレベルです。

パーキンソン病では、話し方は小声で単調にはなりますが、呂律が回らないという事はまずありえません。

神経内科であれば、もう少し丁寧に診察してほしいものですが、神経内科の患者さんは病院外来ばかりに殺到しすぎていて、外来医が丁寧に診察する時間も余裕もないのかもしれません。
とはいえ、話し方がパーキンソン病とは全然違うというくらいは気がついてほしいものです。まさか外来で顔を見るだけで会話も交わす時間もないのでしょうか?


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分







by shinyokohama-fc | 2019-06-29 12:46 | 医療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line