クロルプロマジン(ウインタミン、コントミン)処方をやめた理由

2年前から新規でクロルプロマジンを処方するのはやめました。
12月2日に品川で行われた、脳神経変性疾患研究会においての小生の講演
クロルプロマジン(ウインタミン🄬・以下CP)を2~4年の間、85~88歳女性、高齢の重症レベルの前頭側頭型変性症に処方し続けて、多大な有害事象を招いたという事例を2例発表しました。

1例目は行動異常型タイプで、多幸的で脱抑制と行動異常が顕著なタイプでしたが、今から2年と半年前にCP30mg/日から開始してから、徐々に減量して現在は6mg/日(朝2mg/夕4mg)で維持しています。鎮静目的でCP 以外にも、バルプロ酸やカルバマゼピンなどの少量投与も試しましたが、いずれもごく少量でも嗜眠、ふらつきが強く継続が困難でしたので、やむをえず、CPを漸減 (加齢と病状進行のため)して長期に継続していました。
1年前から、動作が悪化し立位が保持できなくなりました。診察のたびに頸部~体幹、四肢の筋強剛が強くなってしまいました。今はガチガチに硬くなっています。

2例目は語義失語タイプで、多幸的だが脱抑制と気分変調が大きく、今から4年前からCP8~12mg/日(朝昼夕各4mg)で処方を継続していましたが、
1~2年前から徐々に動作が遅くなり、嚥下障害が悪化しており、半年前の今年4月についに誤嚥性肺炎を起こしてしまいました。激しい咳嗽の後、嘔吐、意識朦朧となり、診察したときは37℃の微熱、努力様呼吸、胸部からは湿性音聴取、酸素飽和度低下しており、すぐ救急病院へ診療を依頼しました。高齢者の重度レベルの前頭側頭型変性症であったため、入院はせず、外来治療になりましたが、奇跡的に回復されました。
これを期にCPを中止してもらいました。CP中止後は、以前あった嚥下障害は大幅に軽減したようで、動作も非常によくなりました。

CP(クロルプロマジン)はもっとも古い抗精神病薬で、精神科では古くから使用されていた薬です。鎮静作用がある一方で、抗コリン作用 (アセチルコリンを抑える作用)も強く、高齢者には推奨できないという意見も多い薬です。

短期間なら問題なくても、長期間服用して問題になることが多いようです。
一般的によく言われるのは、心臓の伝導障害、致死的不整脈ですが、高齢者の女性は慢性心不全が多いので確かに危険性が高いといえます。

神経内科的にそれよりも問題なのは、やはり薬剤性EPSであり、服用開始後かなり経ってから、四肢・体幹のジスキネジア、ジストニアは多いですし
今回発表したような、パーキンソニズムによる筋強剛、嚥下障害も比較的多い気がします。

「CPでも少量だったら安全??」という事でよく頻用される先生方もおられるようですが、抗精神病薬の場合は中途半端な用量だと効果がはっきりしないか、「奇異反応 (逆に興奮が悪化してしまう)」が起こりやすいようで、私が20例ほど使用した中で有効でかつ忍容性があったのが上記のわずか2例だけでした。
つまりCPで望むようなちょうどいい効果を出すというのは難しく、長期に服用を続けると「薬剤性身体拘束」のようになってしまうのです。

そのために、2年前から新規のCPの使用はやめて、新しい方法を模索しています。



新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分







by shinyokohama-fc | 2018-12-07 12:32 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line