パーキンソン病治療薬大量によるDLB診断病

まずは、今から15年前に同じ病院で勤務していた、神経内科医の同僚からの昨日のメール内容を紹介します。

おつかれさまです。今日も老人施設を訪問診療し、ポリファーマシー(多剤併用処方)のパーキンソン病患者を診察しました。かねてより、薬剤減量していましたが、日常生活動作に悪化傾向はみられません。

前医の総合病院の著名な神経内科医によるポリファーマシー、大量のパーキンソン病薬剤で幻覚症状が出ており、お約束のように「レビー小体型認知症」だという病名がつけられていました。

患者は84歳ですが、薬剤情報を完璧に理解しており、大量処方にクレームをつけていました。
私が減薬した薬剤についても理解・記憶しており、こちらの治療計画を尋ねてくるほどの人です。どこが認知症なのか???
パーキンソン病の治療方針、シンプルが一番良いです。

パーキンソン病の患者さんで、確かに認知機能低下症を伴うケースは現に存在しており、一般的にPDDと呼ばれています。

今回の症例は、84歳男性。平成15年からで発症15年
平成19年8月に「パーキンソン病」と診断
平成25年にジスキネジア、ウェアリングオフ
平成26年に幻視が出現したため、DLBと診断。
平成30年に歩行器歩行となり、病院への通院困難で在宅医へ紹介

前医(病院の神経内科専門医)からの処方
1) レボドパ・カルビドパ・エンタカポン配合剤 (100mg) 5錠
2) セレギリン (2.5mg) 2錠
3) イストラデフィリン(20mg) 2錠
4) マグネシウム(330mg)6錠
5) リバスチグミン9mg
6) メマンチン(5mg)2錠

在宅医は、4)は中止して他の薬剤へ変更。1)は100mg減量、2)は中止、
3)は20mgへ減量、5)6)もそれぞれ減量したそうです。
減量しても動作歩行レベルの低下はなかったようです。

厳密には、長期罹患・高齢発症のパーキンソン病では、中脳から前頭前野へのドパミン投射が減少しており、二次的に前頭葉機能障害がみられます。
そのため、軽度の注意障害や思考遅延傾向などが確認されます。

どこからどこまでを「認知症(認知機能低下症)」と呼ぶのか?という問題があります。また程度もピンキリです。

しかし、上記の84歳の症例の場合のように、他者からみて、自分の頭で正確に考えられ、物事を正しく理解・記憶している事例までも「認知症」扱いしてしまうのには疑義があるでしょう。

まして、ドパミン作動薬の過剰処方によって出現した薬剤性の幻覚とか認知の変動が出ているのを、DLBだと診断しているのは言語道断ではないかと思います。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2018-07-27 12:05 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line