古寺巡礼(5) 豪徳寺 (曹洞宗・東京都世田谷区)

豪徳寺は、文明2年に創建された、2代目彦根藩主の井伊直孝氏によって、曹洞宗の寺として開かれました。
豪徳寺駅(小田急線)の改札を出るとすぐに、招き猫像があります。
豪徳寺までの道幅の狭い参道を10分くらい歩いて、閑静な住宅街の中に、
広い緑に囲まれた敷地が現れました。
まずは左右に松の木を配した10mほどの参道を歩きます。

f0349413_15342935.jpg
参道を歩き切ると、小さな山門 (寺の玄関)が見えます。
f0349413_15345357.jpg
山門の先にはまずは仏殿が見えます。
f0349413_15351368.jpg

正面から向かって左手に堂々たる、三重塔がそびえたちます。

f0349413_15451396.jpg
仏殿の奥には本堂があります。
f0349413_15500639.jpg
招き猫が大小びっしりと奉納された、招福殿という建物がありました。
f0349413_15510251.jpg
f0349413_15512018.jpg
これまで訪問した、曹洞宗の寺とはまた、違った趣がありました。




[PR]

by shinyokohama-fc | 2018-07-07 16:19
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line