65歳以上で幻覚、ドパミン・アゴニストを少しずつ減薬を!


本日「医薬品安全対策情報」2018.4(No.268)が届きました。
薬剤が発売されてから、20年近く経過しても、新たな添付文書の改訂が行われるのが、普通です。

5ページ目に、プラミペキソールに関する内容が記載されていました。
注目すべきは「悪性症候群」「幻覚などの精神症状」

「悪性症候群」
本剤の急激な減薬または中止により、悪性症候群があらわれる」拙著 193~194ページ参照。
これがあるから、拙著タイトルは「少しずつ減薬すれば」になっています。

「幻覚などの精神症状」拙著 202~206ページ参照。
65歳以上の高齢者で、非高齢者に比べて、幻覚などの精神症状の高い傾向が認められているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。幻覚などの精神症状が現れた場合には、減量または投与中止するとともに、必要に応じて抗精神病薬を使用すること」
拙著の症例5(127ページ)、症例10(225ページ)では、プラミペキソールによる深刻な精神症状の事例を掲載しています。
ドパミン・アゴニストが精神症状の副作用が多いというのは実地臨床ではもはや常識ですが、特にプラミペキソールは増量すると大脳辺縁系のドパミン受容体(D2/D3)に選択的にダイレクトに作用してしまうからという

何度も言いますが、こういう深刻な有害事象から最初に気がつくのは家族です。つまり救えるのは家族しかいない訳です。
ですから、「医薬品安全対策情報」というのは、薬を服用している患者側に対して、薬局から直接提供されるべき情報ではないのか?と思います。
実際は、患者側は幻覚の副作用の事など全然知らないで服用を続けている、問診もロクに取る時間がない外来医は外来で気がつかないから、そのまま継続処方しているという事が多いのではないか。

2月16日に発売された、拙著を購読されたのを契機に、初診で来院された高齢者のうち、ドパミン・アゴニスト服用していた方は5名、そのうち2名がプラミペキソールを服用していました。内訳は以下のとおり。

①)67歳男性 発症16年目 PDDと診断
精神運動興奮を伴わない程度の幻視があったが、減薬により軽減
ロチゴチン 18mg/日
レボドパ/カルビドパ550mg、エンタカポン400mg、
ゾニサミド50mgを併用

②)66歳女性 発症15年目
幻覚などの精神症状なし
プラミペキソール徐放剤 3.75mg/日
レボドパ/ベンセラシド600mg、エンタカポン300mg、
アマンタジン200mg

③)70歳女性 発症12年目
幻覚は1年前にあり、現在はなし
プラミペキソール徐放剤0.375mg/日
レボドパ/カルビドパ550mg、セレギリン5mg
ゾニサミド25mg、イストラデフィリン40mg

④) 76歳女性 発症7年 PDDと診断
レボドパなどわずかな薬の増量でも幻覚が出る状態
レボドパ/カルビドパ 400mg(600mgから少しずつ減量)
ロピニロール8~14mg、アマンタジン200mg(過去に服用していた)

⑤)70歳男性 発症16年
幻視・幻聴・誤認妄想と顕著な精神症状出現
ロチゴチン23.5mg/日、ペルゴリド 1250μg/日
レボドパ/カルビドパ 400mg、エンタカポン300mg
ゾニサミド25~50mg (中止にて精神症状は消失)

レボドパ配合剤+ドパミン・アゴニスト+ゾニサミドという組み合わせが、症例⑤と同じような幻覚などの精神症状が、最も高い確率で出現しやすい事がいくつかの症例でわかりました。
このような場合にまず行うべき対策としては、
A)ゾニサミドの中止
B) ドパミン・アゴニスト徐放剤から速放剤への変更
C) ドパミン・アゴニスト速放剤を少しずつ減量
D) レボドパの1回投与量減量・服薬回数の増加

A~Dを実践することによって、ほとんどの症例で幻覚などの精神症状は軽減する事が、経験的にわかりました。
症例⑤)のように①だけでも軽減する方もいました。

もちろん運動症状が悪化しないように配慮していますが、これまでの経験では、少しずつ慎重に薬を変更すれば、運動症状の悪化はみられていませんでした。それはレボドパの1日量だけは減量していないからです。
プラミペキソールだけではなく、ドパミン・アゴニスト(受容体作動薬)の増量には、65歳以上の高齢者では、精神症状が出現しやすいので、かなり慎重になるべきでしょう。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2018-04-12 18:06 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line