鹿児島認知症ブログ・書評(1)神経変性疾患は個別対応こそが求められている

小生が欠かさず閲覧しているブログが、「鹿児島認知症ブログ」です。
http://www.ninchi-shou.com/

2018年2月26日のブログに、小生の新刊書籍に関する書評を書いていただきました。
この先生のブログの内容はいつも大変思慮深くて素晴らしく、実地臨床家にとって非常に考えさせられる、時には辛辣な批判もあります。
このブログにいつも感銘を受けるのは、ご自分の言葉で書いているのが伝わってくるからです。
「世間」「ガイドライン」を意識しすぎて、自分の意見が見えてこない内容の医学書を読むよりもずっとためになると思います。
今回の書評、この内容についての意見を、このブログで4回シリーズで書いていきたいと思います。

長年、パーキンソン病を診てきた、著者からの、診療現場への怒りをこめた「警世の書」

私が大好きなフットボールで言えば「イエローカード(警告)」、信号機で言うと色は「黄色」です。

書評(1)神経変性疾患は個別対応こそが求められている

「少しずつ減薬すれば良くなる」とはすなわち、「たっぷり盛られた薬を減らしたら良くなった」という意味である。

たっぷり薬を盛るのが好きな先生方に対する皮肉です。
患者側からしたら本当に冗談じゃない、笑えない事実です。

パーキンソン病といっても症状の個人差が大きいため、必然的に治療は個別対応にならざるを得ない。しかし、ガイドラインには個別対応の仕方は載っていない。初学者はまず治療ガイドラインに目を通すべきであるにしても、それはガイドラインを盲目的になぞる事と同義ではない。ガイドラインに相対しながらも距離感を持つことが重要であろう。

本書に掲載させていただいた症例の数々は、なぜ掲載したのか?というと処方内容と実際の患者さん達の病状の乖離が現れているからなのです。
「個別対応」「ガイドラインとの距離感」が考慮されなければ、処方薬の数は関係なく、患者にとってパニック(大迷惑)処方になりえます。

通常は常識的な感覚を持ちながら、臨床的な経験を積んでいけば、距離感も自然と身についていくと思われる。

それが多くの臨床経験を持つ専門医?おそらく私よりも何倍も患者数を診ているはずの臨床医達に身についているのか疑問。

世の中には「ガイドラインに載っていないことは認めない・存在してはならない」という。ガイドラインと一体化したような教条主義者がいる
そのような教条主義者はえてして高いポジションにいたりするのだが、「臨床リテラシーを磨く事と知力とは、別の問題だなぁ」と感じる


なぜわが国では「教条主義者」が生まれやすいのか?
それは自分の意見を言わない、主張しないのを美徳とする文化が、東アジア民族に根強く存在していて、一部の声の大きな権力者(教条主義者)の方向性に誘導されても、それに反論しにくい「世間」が存在するからでしょう。
また「教条主義者」にとって都合の悪い内容の意見は握りつぶされる傾向にあります。自分の意見を主張するのが当たり前の欧州などではありえない事かもしれません。

自分の経験を自分の言葉で語れずに、大規模臨床試験の結果しか語れないことが何を意味するかは明白で、それは「研究ばかりしていて、ろくに患者を診ていない」ということである。もしくは「患者を診てはいるが、臨床リテラシーがないので目の前の患者が見えていない」

患者さん達(ご家族)から聴取した情報によると、「外来診察で問診も診察もロクにされていない。何か言うと薬が追加処方されるだけ」という声が多数ありました。これが本当だとすれば、薬の効果と副作用が正しく評価ができるはずもないと思いました。
私の想像ではもう一つ要因があります。
それは、ブランド志向。がアダになっているのではないかと。
とにかく有名な先生に診てもらいたい。有名な病院で診てもらいたい
と特定の医者、医療機関に患者さん達が殺到しすぎるから、時間がとれないのかもしれませんね。
どんな名医でも1人の医者が診れる(必要最低限の問診と診察がなされているという意味)患者数は限られていますからね。
この点については、拙著のQ&Aのコーナーに書いてありますので、良ければ
一読してください。
今回はここまで。また次回をお楽しみに。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2018-03-03 12:51 | 医療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line