院内にて発売開始

f0349413_08531749.jpg



当クリニックにて、2月8日より先行発売を開始しました。

たぶん、この病気に関わっている人々にしか、関心が持たれない内容ですので、「認知症は...」に比べると一般受けはしないと思っています。
すでにこの書籍を読んでいただいた、実地医家、臨床医の方々には概ね好評のようです(たぶんお世辞かもしれませんが)。


このタイトルを見て、この病気に関わる多くの人々は驚くことでしょう。自分でもえらいタイトルをつけてしまったと感じています。

現行されている主流の治療スタイル「薬が足りないのは良くない!とにかくできるだけ薬を増やせ!たくさん使え!」に逆らうのですから。
小生は幼少の頃から、皆と反対方向へ歩いていくような子供でしたので、あれから45年たっても、本質は何も変わらないのかもしれません。

小生の生まれもっての性分といいますか、どうも、物事を斜に構えてみるというか、常に物事を疑ってみる、人の言う事は素直に聞けないという所があるようです。
正直に言いますと、すでに世に出ている、神経内科の分野における医療の通説や言説というのは、やや疑わしいものが多いようだと感じています。

本著にも書きましたが、
一番の問題は、
多様性がまったく考慮されていない。
治療薬の使い方が1つのガイドライン(ルール?)にどの症例にも適用されてしまっているという事です。
同じ病気だから、同じ病理だから、40歳でも90歳でも同じ薬を同じ量で使う??? 普通に考えれば、そんなバカな事があるわけないですね。
しかし、そんなバカな事が行われているのが現実なのです。

まあ、この本の内容は、問題提起にすぎません。実際は
それぞれの患者さんは置かれている状況も、病気の状態も大きく異なりますので、すべての患者さんが減薬すれば解決する。という事はありえません。

この本のタイトルに当てはまるケースの大前提として、

「すでに、病状に見合わないような過剰な多剤併用処方がなされて、副作用(多くは非運動症状の悪化)で、生活の質(QOL)が落ちている状態」
である事が条件です。

小生が定期で診ていて、初診から数か月以上経過している方々では、ほとんどこの条件には当てはまりませんので、実際は
あえて減薬を試みるというケースはほとんどありません。
これまでの処方薬が効果がない、もしくは副作用で忍容性がない、場合に一部中止、別の薬剤に変更。というパターンはあります。

実は、最近40代、50代という若年発症の、ウェアリング・オフが顕著なタイプのこの病気の患者さんにおいて、減薬(ドパミン・アゴニストだけを減量)してみるとウェアリングオフが悪化して、大きく後悔したパターンというのがありました。 つまり減薬の失敗例です。
これについては、次回のブログで詳細をお伝えすることにします。



[PR]

by shinyokohama-fc | 2018-02-08 10:31
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line