「パーキンソン病 少しずつ減薬すれば良くなる!」

f0349413_09022300.jpg

ついに、小生が初めて著作した書籍が出版されることになりました。
書き始めてから出版するまで1年半くらいかかり、かなり苦労しましたが、
ブックマン社、編集長、対談でご協力いただいた、長尾和宏先生には感謝しかありません。厚く御礼したいと思います。

タイトルは「パーキンソン病は少しずつ減薬すれば良くなる!」ですが、
これはあくまで逆説的で、アイロニックな表現のつもりです。
とにかくパーキンソン病の患者は薬を過剰・オーバーに服用している事が多いので、適正な用量と種類に修正すれば、副作用が消えて(薬によって悪化していた非運動症状や運動症状が軽減して)落ち着くという意味です。

それゆえ、もし薬がその人にとって適正用量であれば、減薬すれば見た目の運動症状は当然悪くなると推定されます。ただし薬による治療は、根本的治療ではなくて姑息的(卑怯という意味ではない)な治療なので、たとえ減薬して症状が強くなったとしても病気そのものが悪化するわけではありません

本当は「パーキンソン病は薬が多すぎる!増やせば悪くなる!」というタイトルにするつもりでしたが、ネガティブな印象を与えるとの事で、逆の内容のタイトルになってしまいました。

昨今の社会状況をみていると、有名人が少し異質な事を言ったり、ブログで書いたりしただけで、反対派の人々が過剰反応して袋叩きに合うような、異論を許容できる精神的余裕がない状況ですので、
おそらく書籍の内容を十分精読せずに、タイトルだけを切り取って、短絡的に過剰反応してクレームや嫌事を言ったり、ネットに書き込んだりする人々が一定数発生する事が推定されますが、そこはスルーしたいと思います。

昨日、日比谷コンベンションホールで、「抗認知症薬適量処方の会」の講演会があり、小生も講演しました。60分の予定でしたが、話しているうちに時間を超過してしまい、75分くらいになってしまいました。

主な内容は、パーキンソン病の治療薬も、抗認知症薬と同様に少量投与のほうが合う症例が多いのではないか?特に欧米人に比べて薬剤過敏性が強く、耐性が弱い日本人にとっては。そのため治療薬の過剰処方、多剤併用によって、薬剤せん妄とか精神症状が悪化してしまい、まるで「レビー小体型認知症」みたいになってしまっている患者が増えているのではないか?という提言でした。

特に高齢者の多剤併用(ポリファーマシー)、服用しきれず残薬多数、薬剤カスケードなどが、老年医学会などを中心に、深刻な社会問題として近年マスコミにも多く取り上げられている昨今の時勢の流れがありますが、

パーキンソン病の治療薬だけは、なぜか無制限に併用がOKなのか?

神経系薬剤の副作用リスクが高い75歳以上患者さんも増えているにもかかわらず、特に年齢による用量制限もないのはなぜなのか?

パーキンソン病治療薬だけで5~7種類という、安全性も有効性もまったく証明されていない過剰なポリファーマシーが行われているのはなぜなのか?

薬で病気の進行を抑えられない、進行性の病気に対して医療費(薬剤費)のバランスを考慮した処方がなされていないのはなぜなのか?

つまり、今回の書籍の内容はリトマス紙だと考えています。

一人の偏った価値観の開業医の個人的な意見にすぎないとしてスルーされてしまうのか?

あるいは、今回の小生の提言を契機に病気に関わっている医療者や患者が問題意識をもって議論のタネになるのか?

趨勢を見守りたいと思います。

最後に余談ですが、薬をテーマにした書籍にもかかわらず、薬品名や商品名の誤植が多くみられました。私としては3回読み直したつもりでしたが...
非常に残念です。
これについては深く反省したいと思います。


[PR]

by shinyokohama-fc | 2018-01-29 11:33
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line