久しぶりの大雪





f0349413_08102004.jpg



昨日、珍しく久しぶりに横浜で大雪が降りました。
関東は豪雪の日本海側とは対照的に12月からずっと8~9割くらい快晴で乾燥した冬らしい日が続いていたので非常に驚きました。
前日から気象庁が大雪情報をTVなどのマスメディアで喧伝した場合、たいがい予報は外れて、雨かミゾレのパターンがほとんどですが、今回は珍しく予報が当たったようです。

写真は1月23日、火曜日の当クリニックのビルから新幹線の新横浜駅を望む風景です。
小生の乗用車(一番手前)も20cm近く積雪していたので、朝早くから除雪作業をしました。ガラスの部分が積雪したまま凍結してしまうと大変だからです。交通事故のリスクが高いので、昨日は車で帰らずに置いて帰りました。

関東では大雪が連日になることはなくて、南岸低気圧が過ぎ去れば、翌日はたいがい晴れるので、次の日には雪が溶け始めます。
一方で真冬の日本海側の東北や北陸、山陰地方では、ほとんど晴れる事もなく、こういう雪が連日続くのが普通です。3m以上の積雪する地域もあります。
そう考えると、数年に1度くらいしかないこの程度の雪で大騒ぎしているというのもどうなのか??と感じる事もあります。

ともあれ、こういう天気になれば首都圏の人々の足は途絶えます。
雪国と違って、交通機関がマヒするからです。
事実、昨日もほとんどの外来予約患者の方々がキャンセルになりました。

本音を言えば、この数年に1度の大雪が小生の講演がある28日(日曜日)でなくて良かったと思っています。

[PR]

by shinyokohama-fc | 2018-01-23 08:55
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line