古寺巡礼(2) 浄真寺・九品仏(浄土宗・東京都世田谷区)

f0349413_15410604.jpg
f0349413_15412306.jpg
f0349413_15422583.jpg
f0349413_15414181.jpg
f0349413_15442299.jpg
f0349413_15420340.jpg
f0349413_15424879.jpg
f0349413_15445701.jpg
f0349413_15453392.jpg
浄真寺(九品仏)は、東急大井町線・九品仏駅(自由が丘の1つ隣)からすぐの場所にあります。新横浜からこちらへ向かうときは、港北インターチェンジから、第三京浜を終点の玉川インターチェンジまで10分ほど走り、玉川ⅠCをおりて10分くらいで九品仏へ到着します。駅からは参道を200mくらい歩いて総門から境内へ入ります。

今回は掲載しませんでしたが、本堂と3つの阿弥陀堂に全部で9体の阿弥陀如来像(仏像)が安置されているので、「九品仏」と呼ばれています。同じような9体の仏像を安置している寺は、浄瑠璃寺(京都府木津川市加茂)がありますが、ここはまだ私が幼い時に父親に連れられて行った記憶があります。
世田谷区のこの地域(自由が丘、奥沢)は住宅街というイメージだったので、正直言ってこのような仏像がある寺があるとは知りませんでした。元々この地には「奥沢城」という城があって、それが廃城になった跡にこの寺が建立されたとのことです。境内に入るとまるで京都か鎌倉にでもいるような別世界に来た雰囲気があります。

写真のとおり、紅葉の名所としても有名です。京都には紅葉で有名な寺社仏閣が数多くありますが、近年は外国人観光客が激増した影響で、あまりにも人が多すぎるようで、私も10年くらい前に行ったときはバスやタクシーの移動もままらない状況だったのを覚えていますので、紅葉をゆっくり楽しむという風情ではないようです。

九品仏の紅葉は、昨年も2回見に行ったのですが、まだ色付き前と散った後だったので、なかなかタイミングが難しいかったのですが、今年はいい時期に行けたと思います。いい写真を撮るために、水曜日の早朝に行きました。ここは早朝でも門が開いているので自由に境内を散歩できるようです。

朝早くから4~5人くらいの中高年の男性や女性が撮影に来ていました。中には本格的な一眼レフカメラを提げている人もいました。私は普通のデジタルカメラでの撮影ですので、それほどいい写真ではないですが、紅葉の彩やかさが少しでも伝わればと思います。

境内には特に大きなイチョウの巨木があり、あざやかなイチョウの黄色それとモミジの赤色とのコントラストがここの紅葉のハイライトではないでしょうか?昨年来たときはすでにモミジが暗赤色になっていて散りかけていたので、今回は一番いい赤色の時期に見れてよかったと思います。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2017-12-04 17:27 | 健康
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line