歩くことが神経難病の発症時期を遅らせる?

最近、神経学会の最先端では、Disease Modifying Therapy (DMT)の話題、特にメジャーな神経変性疾患である、アルツハイマー病とパーキンソン病についての話題ばかりのようです。
有名大学病院の最先端医学の研究者たちが考えていることは、現在行われている、発症してからの対症療法的な薬物治療ではなくて、いかにして発症前に病気をバイオマーカーでとらえて、病気そのものを進行させないための治療(DMT)を早期から施すかということのようです。
しかし発症する20~30年前の働きさかりの30~40歳の時に、あなたはアルツハイマー病だ、パーキンソン病だ、今後20年後に発症するだろうと告知された人にどのような心理的悪影響を与えるのか?という点は考慮されていないようです。現在検討されている可能性のある治療としては、発症を予防するためのワクチンが主流のようです。
それ以外にもIPS細胞やオートファジーを応用した治療が検討されているようですが、問題になるのは、やはり最新治療はあまりにも高額すぎるので、最新治療の適応は若年発症の遺伝性のタイプに限定される方向にあるということでしょう。パーキンソン病が多い年齢層、75~85歳の非生産年齢層の患者さん達に、20年前の55~65歳からワクチンを打つようにという事は現実的とはいえないでしょう。比較的メジャーな疾患、アルツハイマー病やパーキンソン病ですらこういう現状ですので、他のマイナーな疾患に関してはDMTは期待できそうもないでしょう。
最近、クリニックの近隣にお住まいの84歳の動作歩行障害の女性の方が、総合病院の神経内科に通院していたのですが、変わりたいということで、4か月前から定期受診されるようになりました。もともとムズムズ脚(レストレスレッグス)症候群があり、右手のふるえ、書字が小字傾向で、筋固縮はなかったが、診断はパーキンソン病ヤール2度であろうと考えていたのですが、どうもパーキンソン病としては歩行時に左右へのふらつき・動揺がかなり強いのが合点がいかなかったのです。後日、前医(総合病院の神経内科・外来担当医)から診療情報提供、MRI画像を見て驚きました。両側の小脳半球の萎縮と、両側の線条体の顕著な低信号が確認され、典型的な多系統萎縮症(MSA)の画像所見だったのです。画像所見の重症度と実際の臨床的な重症度が一致しないことは少なくはないのですが、この症例は病気がMSAで画像的にはかなり進行期だったので驚きました。よく聞いてみると、昨年まで月に1回ほどゴルフのプレーラウンドをしていたそうです。おそらく80歳を超えてもゴルフでかなり長い距離を歩いて、手を使っていたのが良かったのだと思います。
最近は歩いて認知症を予防できるという学説があるほどで、手足を使うことは、いかなる対症療法の薬物治療よりも勝るのではないかと思います。現在、当院で定期受診している、パーキンソン病の患者さんのうち、ほとんど2~3年間動作歩行障害が進行しない症例が4~5例あります。治療薬も3年ほとんど変更しないで済んでいます。どうやら、歩くことは神経変性疾患・神経難病の発症時期、臨床症状の進行を抑える効果があるようです。
パーキンソン病は9種類もの対症療法の治療薬があり、すべての薬の併用が保険医療として認められているというきわめて特殊な疾患です。日本人はもともと医療を薬に依存する傾向が強いため、短い外来診療時間を解消する目的で患者のリクエストに応じて外来へ行くたびに薬が追加され続けるというパターンが非常に多いようです。私の長年の臨床経験でいうと、薬を増やされすぎて長期間服用した人は間違いなく副作用によって病気そのものが悪化したりします。薬をたくさん服用する前に、まず患者さん自身がやれることがたくさんあるのではないかと思います。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2017-06-29 15:49 | 医療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line