高齢者の発達障害と神経変性疾患

最近はマスメディアで「大人の発達障害」が盛んにとりあげられるようになったようです。私は精神科医ではないので、この分野についてはよくわかりませんが、知り合いの精神科の先生方に聞くかぎりでは、なかなか既存の薬物治療が効果がなく、対応に苦慮しているようです。
「注意欠陥多動性症候群(ADHD)」「アスペルガー症候群(ASD)」の2つのタイプがあり、2つがオーバーラップするケースもあるそうです。共通しているのは、社会生活に不適応を起こすという点だということです。多くは会社などに入ってから、集団でやる仕事において不協和音の種になるなどと言われています。
近年、福島県の精神科医の先生が、この概念を提唱してから、世間に広く広まったようで、まだこの分野を得意とする精神科医は少ないようで、専門外来はどこも1~5年待ちだそうです。
治療薬はADHDに対して、抗精神病薬である、メチルフェニデート(精神刺激薬)、アトモキセチン(選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)があるようですが、通常は青少年向けの薬ですが、効果には個人差があって、全く効かない患者も多いという話を聞きます。高齢者に処方する場合は安全性はどうなのか?という問題もあります。
かつては、女性は専業主婦が大半であったため、結婚している女性は社会に適応する必要性はありませんでした。どんな人でも見合いなどで結婚していた時代だったからです。夫のほうが仕事に明け暮れて、あまり自宅に戻らない家庭も少なくなかったので、友人も少なく自分の子供以外の人との接触も限られていた女性も多かったのではないかと思います。そういう発達障害の女性に育てられた子供は、その資質を受け継ぎ、かつ母親と長い時間を過ごすようになります。他人との付き合いは不得手ですので、自宅にこもるようになり、母親以上に発達障害の気質が増幅する傾向にあるのではないかと推定されます。
この3年で「認知症」として受診された高齢者のうち、20~30%程度の症例にはベースに何らかの「発達障害」があったのではないか?と思われます。一般的な認知症に伴う行動心理症状のレベルを超えたものが多くて、内科では
対応困難なケースがほとんどではないかと思います。
女性のほうが病気にならず長生きの方が多いので、圧倒的に多いという印象です。多くはその患者に同伴する娘さんがいて、その娘さんの行動(どうでもいい内容で頻繁に電話をかけてきたり、電話で予約時間を何度も変更する、話が通じない、待合室で勝手に食事を始める)などに苦労させられたという印象があります。いくら説明しても「認知症は薬で絶対に完治するんだ」と半ば妄想のように完全に信じ込んでいるため、こちらとの信頼関係が築かれることはなく、1~3回受診して終わりというケースが大半でした。
神経内科で扱う、トリプレット・リピート病、遺伝性の脊髄小脳変性症のように、下の世代に行くほど症状が重くなる傾向があるのかもしれません。
「認知症」と思われている当事者も、実際診察してみると、知能スケールの評価では年齢相応レベルだったり、軽度認知障害(MCI)レベルだったりという事例が多かったように思います。「認知症」以上に普段の「行動異常」が顕著で困っているようでした。その多くは同居する娘さんの言動が悪影響を及ぼしているという、環境的要因が大きかったようです。環境的要因の問題は、人間関係なので、親子で行動異常で戦っている状況では、いくら抗精神病薬を使っても効果は得られません。
こうした症例が増えている現状を考えれば、臨床現場に必要なのは、限られた時間の診察で薬を処方するだけの医者ではなく、ケースワーカー、精神保健福祉士、臨床心理士ではないかと痛感させられます。看護師の方でそういう資格を兼務できる人材ならなおいいのではないかと思います。環境調整、人間関係の調整こそがもっとも現場で求められることではないでしょうか。こういう病気が薬で治るということはないので、粘り強い対応が必要になるでしょう。キュアを目指すのではなく、いかにケアを充実させるかが大事になるでしょう。
一般の内科や脳外科の個人開業医では、こういうスタッフを雇って機能させるだけのスキルや余裕はありません。精神科開業医の一部の先生方がこういうスタッフを複数雇って面倒をみるというスタイルをとっていますが、かなり限定的です。こういう体制であれば親子の大人の発達障害をまとめて面倒みれるのではないかと思います。個人開業医には負担が大きすぎるので、やはりこういう仕事は精神科の病院が担うしかないのではないかと思います。発達障害の親子が高齢化、親のほうが認知症化するにつれて、こういうケースワーカーの仕事の重要性はさらに重要になってくるでしょう。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2017-06-19 12:37 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line