パーキンソン病治療薬の副作用(5)ドパミン・アゴニスト(後編)

ドパミン・アゴニストで最も多いのは、眠気・睡眠発作ではないかと思います。もともとパーキンソン病の方というのは脳幹網様体の障害に伴う睡眠覚醒リズムの異常があり、日中は眠く、夜間は眠れないという傾向があります。薬剤過敏性体質の方だと、レボドパでも眠気が誘発されるようですが、ドパミン・アゴニストは単独で開始量のごく少量でも強い眠気のため、継続が困難になりやすいようです。徐放剤に変更されてからはより眠気が起こりやすくなった印象がありますので、まずは最初に処方開始する場合は、速放剤で少量ずつゆっくり漸増したほうがいいのかもしれません。というのはある程度の期間服用したら、眠気がなくなるケースが少なくないからです。中でも「突発性睡眠(睡眠発作)」は危険で、もともと眠気を自覚したいないまま、突然眠り込むため、自動車運転や機械操作などで事故を起こす可能性があります。
また高齢者の場合は、心不全、悪性腫瘍など様々な事情で下肢のリンパ液の循環が悪くなっており、レボドパとドパミンアゴニストの併用で、下肢、特に膝から下の下腿がむくみ(浮腫)やすいようです。
ドパミン受容体は胃腸に存在しますので、ドパミン・アゴニストが結合することによって、嘔気(嘔吐)、食欲不振、などがおこりますが、この副作用は従来使用されていた「麦角系」よりも、現在使用されている「非麦角系」のほうが少ないようです。
起立性低血圧による、立ちくらみ、ふらつきもドパミン・アゴニストでよくみられます。レボドパと併用、薬の増量によって血圧変動が大きくなります。まずは寝ている状態で血圧を測定し、立ち上がってからの状態で血圧を3~4回測定します。通常は立ち上がった状態のほうが血圧が高くなりますが、起立性低血圧の場合は、3~5分程度血圧が15~20mmHg下がった状態で経過します。
このようにドパミン・アゴニストの副作用は多くみられ、非常に多岐にわたっているので、この薬を処方する前にはこれらの副作用に関して十分なインフォームドコンセント(IC)が必要であろうと言われています。しかし、実際はこれらの副作用に関して、患者さん側に十分に説明されていないことの方が多いようです。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2017-05-29 15:52 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line