認知症医療に対する雑感と今後

前回のブログで、個人的には一区切りしたというところです。これまでコリンエステラーゼ阻害薬の諸問題を含めて神経内科医からみた「認知症」について、自己の診療経験からくる印象なども含めていろいろ書いてきました。
診療経験として自分なりに至った結論としては「薬物療法だけでは、現状では認知症のかかえている諸問題の1割以下程度しか解決できないという事です」
この3年、いや5年程度、不慣れな認知症医療に、一人の神経内科医として、自分としては可能な限り誠実に向き合ってきたつもりですが、認知症という病気の性質上、医者と薬物選択だけで解決できない問題が山のようにあることがわかりました。それはすべて「人間関係」に関することです。それは、患者の元々のパーソナリティー、介護するご家族のパーソナリティー、患者と介護者との人間関係などです。ここに必要とされるのは、薬物などではなく「臨床心理」だと個人的には考えます。具体的に言いますと、医者ではなく、精神保健福祉士や臨床心理士やケースワーカーなどのソーシャル的な介入こそが最も重要なのでしょう。つまり、医者や看護師だけでは、認知症の根源的な問題(社会・家族との関連性について)にはほとんど無力だという事です。
コリンエステラーゼ阻害薬や抗精神病薬など、高齢者に様々な副作用を高い確率で誘発するような薬は程度の差こそあれ、用量を増やしたり長期間服用し続ければ、必ずといっていいほど副作用が出ます。
確かに薬によって副作用の出る確率の高低差はありますが、副作用のない薬など存在しない限り、薬物療法には限界があります。この3年でそれが痛いほどわかりました。中にはそういう薬を4年も服用され続けて悲惨な状態になっている症例もありました。どんな薬を少量で処方しても必ず副作用が出る薬剤過敏性の症例も数多かったです。症例を診ていて感じたことは、「本当に認知症にとって薬物療法は必要なのだろうか?」という事です。私の個人的な印象では多くの症例は、ソーシャル的介入が十分になされれば解決できるのではないかと思います。しかし、現実的にはそういう基盤がない。患者と介護者の間に入って調整する人間が必要です。そういう仕事ができるのはもちろん医者ではなく、臨床心理士ではないかと思います。しかし現状は臨床心理士は国家資格ではなく、保険医療ベースでは仕事ができないことになっています。今後は独居者、高齢夫婦世帯、子供と疎遠などが増えていくであろう事を考えれば、そういうソーシャル的な部分をカバーできる医療者が必要です。中には例外的に医者や看護師でそういう仕事までやってしまう人材もいるようですが、それはごく一部ですし本来の仕事ではないと考えています。

神経内科医として、今後自分に何ができるのかと考えました。
やはり20年以上前から診療している「パーキンソン病」「パーキンソン症候群」などを中心とした診療。特に「パーキンソン病」の不適切な薬物治療を是正する仕事をライフワークにしていきたいと思います。パーキンソン病の薬物治療をめぐる問題は深刻の一言です。薬の種類が増えることによってさらに深刻さが増しています。一言でいえば、多くの症例では薬が多すぎる、服用しすぎているのが問題だという事です。
これについては、すでに、「減薬」という誰もが手を出さない方法で、多くの実績が出せましたので、今後は様々な形で発表していきたいと考えていますが、今後も1人でも多くの患者を救出すべく尽力したいと思います。
次回のブログからは、パーキンソン病治療薬に関する様々な問題を取り上げたいと思います。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2017-03-25 14:14 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line