パーキンソン・精神病症候群(非幻覚性)の劇的改善例

最近、外来で診る症例は認知症というよりは、軽度のパーキンソン(錐体外路)症状と精神病のコンプレックスの症例が増えてきました。こういう症例をレビー小体型認知症?と巷では呼ぶのかもしれません。しかし以前のブログでも申しましたように、臨床症状から脳にレビー小体(シヌクレイン)がたまっているのか、異常タウがたまっているのかなど誰にもわかりませんし、それを検査する方法もありません。また不確かな病理解剖なき病理学的診断?というのは治療薬の選択をするに当たって何の意味もない事が症例を通じてわかってきました。今回提示する症例は、病名をつけるとすれば、パーキンソン・精神病(強迫神経症型)症候群と言えるでしょう。
69歳女性。1~2年前から不安、強迫的な強い神経症があり、近医から抗認知症薬D(ChEI)が処方されて、数か月経過してから安静時振戦、前傾姿勢、小刻み歩行、仮面様顔貌、四肢の運動障害・歩行障害を自覚するようになり、病院の神経内科外来を受診して、パーキンソン病初期と診断されたようです。MMSEは22/30点だったようですが、情緒不安定で検査に信憑性が乏しいとの事でした。相変わらず精神症状が顕著であったため、近医のメンタルクリニックに通院し、夜間の叫び声や日中の嗜眠、自発性低下などがあったため、クロナゼパムなどベンゾジアゼピン系薬剤が処方されていましたが、内服後に副作用のため動けなくなったりしていたようで、結局、精神科医が1年にわたり薬剤コントロールを試みたが、まったく上手くいかなかったという事で、当院へ紹介されてきました。ちなみにこの方は幻覚(幻視・幻聴)の訴えはないようです。私が外来で診るパーキンソン・精神病症候群はこの症例のように幻覚症状を欠く症例が多いようです。
初診時は動作の緩慢さは目立たず、歩行時のすくみもなく、姿勢も正常で、普通のスピードで歩行できていました。おそらく抗認知症薬Dを中止した影響でドパミン阻害作用が軽減したものと推定されました。しかし上肢・下肢ともに歯車現象(歯車様筋固縮)は顕著で左右差(左に強い)がみられました。きわめて情緒不安定で強迫的であり、治らない事に対する苛立ちが強くみられ、激越的で号泣していて認知症の評価などとてもできない状態でした。この方にはアマンタジン50mg(朝)とアロチノロール5mg×2(朝・夕)を処方し、フェルラ酸を推奨しました。2週間後に再診で来院された時は、あまりの変貌ぶりに驚きました。別人のように表情が明るくなり、笑顔でした。この病気がなければ、元々はこんな人だったんだという感じでした。アマンタジンが意欲を劇的に改善し、アロチノロールが過度の緊張状態を沈め、フェルラ酸で精神不安が大幅に軽減されたのだと推定されました。
この症例のように非幻覚性のパーキンソン・精神病症候群という症例は数多く見られます。非幻覚性のタイプはアマンタジン少量が劇的に奏功するようです。その一方で幻覚性が強いタイプは抗精神薬も効果がなく、アマンタジン少量でも幻覚が悪化するようで、治療に難渋する事が多いという印象です。パーキンソン・精神病症候群とパーキンソン・認知症症候群はきわめて多様性があり、それぞれ同じ薬剤が通用しないという特徴があります。きわめてヘテロ的な多様性の大きい症候群であると言えるでしょう。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2016-02-25 15:24 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line