ドパミン阻害剤で悪化する共通項

最近、「パーキンソン病」「パーキンソン症候群」という病名で健康保険適応の検査となった核医学検査として、ドパミントランスポーターシンチグラフィー(通称・ダットスキャン)というのがあります。主として本態性振戦とパーキンソン病、アルツハイマー病とレビー小体病(DLB)の鑑別ができる検査といわれています。ただしピックコンプレックスと呼ばれている疾患群であるCBD/PSP(CBS/PSPS)でもレビー小体病と同様に両側の線条体のドパミン集積が著しく低下しています。それゆえこれらの3つの疾患群ではすべて元々ドパミンが枯渇状態にあるわけです。こういうドパミンが枯渇状態の疾患に対してドパミン阻害作用の薬剤を処方するとどうなるか?当然のごとく動作歩行は悪化するだけでなく、仮性球麻痺がひどい場合は嚥下障害、呼吸筋麻痺を引き起こします。私が診てきた症例の印象としては、DLBよりもCBD/PSPのほうがドパミン阻害剤で症状が悪化する程度がより強い傾向にあると思われます
CBS/PSPSは「ピックコンプレックス」かつ「ドパミン枯渇症候群」です。そういう疾患群が少なくないという事を臨床医の多くが知りません。認知症専門医・神経内科専門医を名乗っている医者すらほとんど知らないのではないか?かく言う私もつい3~4年前までは全く知りませんでした。CBS/PSPSの症例を1年で50例以上診たからこそわかったのです。特にアセチルコリン賦活作用の強力な薬剤はアセチルコリンードパミンのバランスに影響してドパミンの相対的低下をもたらし、錐体外路症状(パーキンソニズム)増悪させる事が懸念されると考えられていて、実際の私の臨床経験でもそうでした。やはりDLBよりもCBS/PSPS症候群のほうが薬剤性パーキンソニズム有害事象がより深刻であるようです。加えてアセチルコリンの強力賦活によりピック症状が悪化して脱抑制・錯乱状態になり、きわめて悲惨な状態に至ります。CBD/PSPはDLBと違ってレボドパやパーキンソン治療薬が全くと言っていいほど効かないため、ドパミン阻害剤による有害事象に対しては解毒治療しか方法がないわけです。
CBS/PSPSとDLBの鑑別はMIBG心筋シンチグラムが有用だと言われています。前者ではMIBGの集積は正常であり、後者では著明に低下すると成書には記載されています。しかし両者の鑑別はDLBではレボドパが少量50mg×1~2でも著効しますが、CBS/PSPSでは300mg以上使用しても効果が得られないという事です。もちろん例外的なケースもあり、PSP-Pというタイプだけはレボドパが効果を示しますし、DLBの中にはレボドパやChEIなどが効かない悪性進行性タイプもあります。いずれにしても動作歩行障害系の神経変性疾患にはアセチルコリン賦活作用の強力な薬剤を使用するには細心の注意が必要であり、重度のドパミン枯渇状態が推定される病状のケースでは最初から使用を控えるべきではないかと思います。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2016-01-23 17:25 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line