釣藤散の抗認知症作用

「Science of Kampo Medicine 漢方医学 Vol 39 No1 2015/p36~37/釣藤散の抗認知症作用」から以下引用
富山大学和漢医薬総合研究所 複合薬物薬理学教室
当研究室では脳血管性認知症(VD)およびアルツハイマー型認知症(AD)モデル動物を用いて、コリンエステラーゼ阻害薬(タクリン)と比較し、釣藤散の薬理学的効果と作用メカニズムの解明を進めてきた。その結果、釣藤散は認知行動を改善し、学習記憶障害を予防改善し、情動障害を改善する事が明らかになった。ADおよびVDの治療ではコリン作動性神経の伝達を促進する事が有用とされる。既存の抗認知症薬ではコリンエステラーゼ阻害作用を有するが、釣藤散はムスカリン性M1受容体刺激によりコロン作動性神経を活性化した。ここから釣藤散の学習記憶障害の予防および改善作用はムスカリン性M1受容体への直接刺激が関与し、これには構成生薬の釣藤鈎が主要な役割を果たしていると考えられた。大脳皮質や海馬におけるNMDA受容体は学習記憶に重要であり、脳虚血後の神経細胞死に関与するとされる。既存の抗認知症薬ではメマンチンがNMDA受容体拮抗作用を有し、過剰なグルタミン酸によるNMDA受容体の活性化を抑制するが、釣藤散に含まれる特徴的なアルカロイド成分はNMDA受容体を非競合的に阻害することで興奮毒性を抑制し神経細胞障害を防止した。学習記憶の基本的なメカニズムではシナプス可塑性が大きな役割を担っている。グルタミン酸作動性神経のNMDA受容体とAMPA受容体が重要な働きを担っており、釣藤散はシナプス可塑性に関与する複数のメディエーターを活性化してシナプス機能を改善した。血管内皮増殖因子(VEGF)は血管新生および神経の保護・再生に関与し、学習記憶に関与し加齢に伴い低下するとされる。釣藤散はVEGF系の機能低下を抑制し、神経細胞の保護作用を示すことが示唆されている。認知症はADを中心に論じられる傾向にあるが、その原因は複雑でVD/DLB/FTDと明確に区別する事は難しい。漢方薬は多彩な成分を含み多彩な機序を有する事から、さらなる機序解明とエビデンスの蓄積により、安全・低薬価に認知症治療に貢献することができると考える。

このたび、こういう記事をわざわざ取り上げたのは、医療の進歩による長寿化により、特に女性を中心に80~90歳の超高齢者の急増の実態があります。がん、脳卒中、心疾患、肺炎などの致死的なイベントなく、健康で長寿をまっとうしている高齢女性が増加するのに比例して、さまざまなタイプの認知症が増加しています。しかし超高齢女性の多くは心機能が低下していて不整脈や弁膜症があり、肝臓・腎臓の代謝能力も低下しています。とても通常用量の抗認知症薬(西洋薬)が耐えられないという状況です。こういう人に薬を無理に内服させる事によって患者が悪化するというリスクを負わせるのは避けるべきです。たしかに漢方薬がすべて安全だとは言えません。たとえば甘草が一定量入っている薬では電解質異常(カリウム低下)に伴う浮腫・筋融解などの副作用があります。実例として抑肝散2.5g/日を10日間内服しただけで、全身の筋肉が融解して歩けなくなったという驚くべきケース(85歳女性)もあります。漢方薬では「一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意すること」という記載があります。西洋薬にはこのような記載が一切ないという点に違和感を感じています。
高齢者で使用する場合は抑肝散の使用が5g/日で推奨されているように、釣藤散も5g/日という事になると思います。抑肝散よりも甘草の含有量は低いので比較的安全に使えるのではないかと思います。西洋薬神経系薬剤の欠点は配合剤がほとんど存在しない事で、どうしても薬の種類が増えがち(多剤)になってしまう問題がありますので、そういう点では元々配合剤である漢方薬にアドバンテージがあるのではと考えています。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2015-06-06 17:19 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line