残薬山積みの高齢者宅

高齢者宅から薬が大量に見つかる事例が目立っているそうです。「残薬」と呼ばれ、多種類を処方された場合など適切に服用できず、症状の悪化でさらに薬が増える悪循環もあるそうです。年400億円を超えるとの推計もあり、薬剤師が薬を整理し、医師に処方薬を減らすように求める試みが広がっているようです。
4月15日放送のTBS・Nスタの特集で、残薬と多剤処方の問題が取り上げられていていました。この番組では白衣を着ない在宅訪問医師が高齢者宅などを訪問したりして、他の医師が処方した多剤処方の問題を指摘するという内容でしたが、私が思うに、こういう仕事は医師がするべきではなくて中立的な立場の訪問薬剤師がするべきではないかと思いました。薬剤師は副作用や相互作用の知識を確立した上で、医療者として医師の処方に対して適切かどうか正しい意見が言えるような立場になってほしいと思います。ある医師が他の医師の処方薬にクレームをつけるという行為は医師間の不毛な軋轢を新たに生んだり、患者と主治医との信頼性を破壊するというリスクもはらんでいるので慎重にするべきです。ただ実際は多剤併用処方というのは相互作用の危険、特に代謝能力の低下した高齢者には副作用の危険が高まるという報告がありますので、患者にはデメリットをもたらす可能性が高いと思われます(以前のブログを参照ください)。実際には複数の医療機関や診療科各医師からそれぞれ薬が5~6種類処方されて、合計20種類・1日30錠を超えてしまう事例も少なくないようです。それだけの薬を毎日正確に内服するのは高齢者でなくても至難の業だと思います。我々にできることは少しでも副作用のリスクを減らし、残薬(医療費のムダ)を減らすために、できるだけ少ない種類と数の処方薬にとどめるように努めることではないかと考えています。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2015-04-19 12:08 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line