スタチンによる糖尿病リスク

~スタチンによる糖尿病リスク・従来報告を上回る46%の上昇 ~
フィンランドUniversity of Eastern Finland のHenna Cederberg氏らは、同国の地域住民コホート研究METSIMの結果から、スタチン療法を受けていた人が受けていなかった人に比べて2型糖尿病を発症するリスクが46%上昇することが分かったとDiabetologia(2015.3.4オンライン版)で報告した。またこのようなスタチン療法による2型糖尿病リスクの上昇には、インスリン感受性・分泌の低下が影響していることも示された。
スタチンと糖尿病リスクの関連は、これまでにも数多くの研究で検討されてきた。2001年に報告されたWOSCOPSサブ解析では、ブラバスタチンに伴う2型糖尿病リスクのわずかな上昇を示す報告が相次いでいた。以前の研究で報告されたスタチンによる糖尿病リスク上昇度は9%~22%まで幅があるが、①対象が心血管疾患(CVD)の高リスク者で、一般人口とは糖尿病リスクが異なる可能性がある ②糖尿病の有無を自己申告や空腹時血糖値に基つき判定しており、糖尿病発症率が過小評価されている可能性があるなどの限界があった。(中略)こうしたことを踏まえ、Cederberg氏らは今回の住民ベース研究でスタチンと糖尿病リスクの関連について検討。またインスリン抵抗性とインスリン分泌の評価を行い、スタチン療法が糖尿病リスクを上昇させる機序についても検討した。
対象は2005~10年にMETSIMに登録された同国クオピオの糖尿病のない男性8,749例、平均年齢は57±7歳(45~73歳)、BMIは平均26.8±3.8だった。2型糖尿病の診断は、①空腹時血糖値126mg/dl以上、経口糖負荷試験(OGTT)②時間値200mg/dl以上またはHbA1c6.5%以上 ②血糖降下剤の使用 ③医療記録における2型糖尿病診断または①のデータありのいずれかの基準をみたした場合とした。ベースライン時にスタチンを使用していたのは2,142例(24.5%)で、スタチン使用者の65.9%がシンバスタチン、18.1%がアトルバスタチン、8.6%がロスバスタチン、3.8%がフルバスタチンを使用していた。5.9年の追跡期間中に625例が2型糖尿病を発症。非スタチン使用者に比べてスタチン使用者で発症率が高く(5.8%vs.11.2%,P<0.001)、調整後の2型糖尿病リスクが46%上昇していた(ハザード非(HR)1.46, 95%CI 1.22~1.74)
スタチンの種類別の解析では、シンバスタチンとアトルバスタチンの使用は2型糖尿病リスク上昇と有意に相関していた(調整後のHRはそれぞれP=0.001,P=0.037) 一方スタチン使用者では非使用者に比べてインスリン感受性が24%、インスリン分泌が12%低下していた(それぞれP<0.001 P<0.01)。Cederberg氏らは「スタチン療法による2型糖尿病リスクは、交絡因子で調整後も46%上昇しており、これまでに報告されていたよりも高いことがスタチン使用に伴う2型糖尿病リスクの上昇に直接影響している可能性が高い。」と考察した上で、今回の結果について研究規模の大きさから「信頼性は高い」とする一方で、対象者が白人男性のみであるために、女性や他の人種にも一般化できるわけではないと述べている。
内科・神経内科で診療を20年以上行ってきた経験でいうと、病院勤務時にスタチンによる重症横紋筋融解症により、全身の筋肉が一気に壊れて急性腎不全に至った症例を数例ほど入院患者として診療した経験があります。特に中高年の男性に多いようです。ここ数年の外来診療ではスタチンを内服している中高年女性で下半身の筋肉痛によってしゃがみ立ちが困難になったり、肩~上腕の筋肉痛で上肢が上がらなくなったりで日常生活動作が著しく阻害された症例を10例前後みたことがあります。また末梢神経障害により両足末端のひどいしびれに悩まされた方も数例いました。それ以後はスタチンの使用には慎重にならざるをえなくなっています。筋肉や神経の副作用の症状が出ると、神経内科に回ってくるので、循環器科医や糖尿病内科医はおそらく私のようにスタチンの深刻な副作用の症例を診た経験がほとんどなくて副作用の実態を知らないDrが多いのではないか?と思われます。
今回の報告、スタチン使用によりインスリン分泌やインスリン感受性が低下したという大規模臨床調査結果は人種・性が限定されたとはいえ、きわめて重大で深刻な結果だと受け止めるべきだと考えます。日本を含めて全世界で女性も含めて同じような臨床調査をただちに行うべきでしょう。近年は生活習慣病、メタボリック症候群、糖尿病などのリスクファクターのない体質性の高コレステロール血症(特に女性に多い)に対しては、家族性を除いてコレステロール低下薬や食事療法などの治療に意味がないという意見が専門医からも聞かれるようになりました。本来スタチンというのは家族性しか適応がないと断言する医師もいます。
スタチンに限らず、効果の高い薬剤ほど副作用のリスクが高いという事実を患者側に伝えるべきでしょう。
薬剤に伴う不都合な真実に目を背けていては、患者側を向いて医療をしていないと批判されても仕方ないことです。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2015-04-09 19:03 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line