推薦図書・第2弾

個人的推薦図書、第2弾です。
今回は紹介するのは医学書ではなく、一般書で、書店では家庭医学と文庫本コーナーにあります。

1)「家族よ、ボケと闘うな!~誤診・誤処方だらけの認知症医療」著者 長尾和宏×近藤誠 2014.12.22
この書には、私自身が日常的に内科医として認知症診療していて感じられる事象がほとんど書かれているといっても過言ではないです。読んでいて私ときわめて価値観が近いと感じました。前回の対談形式に続いて、往復書簡というきわめて斬新な形式をとっています。印象的なテーマをざっと取り上げてみると「早期発見、早期治療に意味があるの?」「4つの薬が有効とされているけれど...」「なぜ医者は薬の処方を間違えるのか?」「認知症をうつ病を誤診する医者」「エビデンス主義は誰を幸せにするの?」「医者を信じるな?薬を信じるな?」などなど。認知症に関わる家族・介護者・医療者にすべて考えてほしいテーマですね。私的にはエビデンス...のところで、EBM(Evidence Based Medicine)に対して、NBM(Narrative Based Medicine)という物語(ストーリー)に基つく医療の重要性を強調されていて、認知症においては家族の生の声(NBM)の方がレベルが高いかもしれないという事に共感できました。認知症医療の混乱をもたらしているのは患者側の個性・個別性というものを度外視して、すべてEBMに無理矢理あてはめようとしている事だという指摘には同意できます。NBMについてはまた後日に自分なりにブログで意見を書いてみたいと思います。

2)「沈みゆく大国アメリカ」著者 堤未果 2014.11.19
内容はアメリカの医療、特に保険医療に翻弄されて、この国の保険制度のために真っ当な医療が受けられない一般市民や真っ当な医療が実践できない医者の実態などが書かれている。医療の恩恵を受けているのは笑いが止まらない保険会社(民間)と製薬会社とウォール街、資本主義・合理主義を徹底したらこうなってしまうのかと痛感しました。医療のファストフード化を勧める事で、医療者から仕事のプライドを奪い、家庭医やかかりつけ医がどこにもいなくなるという事態にまで至っているという事実は衝撃的です。医療の米国追従は是か非か?今の日本の保険制度を守るべきなのか?この書を読めばそれがわかるはずです。前のブログでもその一例を書きましたが、米国流のEBM一辺倒主義に日本の医療が追従するというのはきわめて危険です。病気を全体化するというのは個々の諸問題を無視したり矮小化したりする可能性があるからです。医療は全体化したファストフードではなく、個別の人間の物語に沿ってオーダーメイドに実践されるべきものだと思います。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2015-02-15 12:09 | 医療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line