安易に抗認知症薬(コリンエステラーゼ阻害薬)を処方するなかれ

最近は「物忘れ」を主訴に医療機関を受診しただけで、安易に抗認知症薬が処方されるようです。
認知症専門医が外来を実施する医療機関はしばしば「物忘れ外来」という名目で早期の受診を推進しています。
ただ元気で健康な高齢者が増加している現在、後期高齢者(75歳以上)の人は皆さん年齢相応の物忘れがあるのは当然のことです。「認知症」というのは日常生活のさまざまな基本的な事が正確にできなくなる事です。
その前段階と言われる軽度認知障害(MCI)の人も多数おられますが、当然、抗認知症薬の対象にはなりえません。
4か月開けて2度、簡易知能スケール(MMSE)とADL評価尺度(DAD)で認知症では全くない事を確認した82歳男性ですが、4か月前までは、認知症専門医(精神科医)による専門外来で抗認知症薬が処方されていました。この専門医が遠方へ転勤したため当院を受診することになりましたが、どう見ても私には認知症には見えませんでした。MMSEは28~29点で、会話上はまったく頭が冴えている。こういう方に薬が処方されるというのは全く理解できないですし、まったく意味がわかりません。患者を診察しないで適当に薬を出しているとしか思えませんでした。
これまで4か月の間に同じようなケースを何人も見ました。認知症専門医の安易な診断と治療により、本来全く正常域の人が家族に「認知症」扱いされて尊厳を傷つけられたというのもありました。
専門医?の安易な診断と処方が家庭崩壊すら招きかねないという事実を知って呆然とするしかありません。
年齢相応の物忘れに対してこういう薬を専門医が処方しているというデタラメ医療が横行しているようです。またこういう年齢相応~軽度の方で、無理に薬が処方されて嘔吐、下痢、頻尿などの副作用が出て非常に困ったというケースをいくつも聞かされました。正常域の高齢者のアセチルコリン、ドーパミン、セロトニンなどの神経伝達物質の微妙なバランスを薬で無理に崩しているというのはナンセンスです。これは医原病そのものではないでしょうか?
抗認知症薬(コリンエステラーゼ阻害剤)は薬剤によっては強力なアセチルコリン作用があり、高度の徐脈性不整脈や虚血性心疾患などが誘発されると書いてあります。わたしも30~35回/分の非常に危険な徐脈性不整脈の副作用が出たケースを2~3例経験しています。薬剤を中止してからも1~2か月続いたため大変困りました。
また易怒性や興奮性をきたすケースも多いようです。薬によって興奮させた患者に対して抗精神薬(統合失調症の薬)を使うという、デタラメでマッチポンプ的な処方もよく見かけます。神経に作用する薬剤というのはすべて劇薬で、一歩間違えば用量が増えるとオーバーランしてしまう薬ばかりですので、厳重な注意と監視が必要なのです。
年齢相応や軽度の「物忘れ」だけで安易に抗認知症薬(コリンエステラーゼ阻害剤)を飲むことのないようにしたいものです。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2014-10-23 18:50 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line