クスリを追加処方することが免罪符?

お薬手帳を拝見すると病院の外来から神経系のクスリが目が眩むほど多剤大量に出されていて驚かされることが少なくないです。中には神経系のクスリが10種類近くフルドースで出されている80歳や90歳の患者さんもいます。
常識的に考えて、これだけ神経系のクスリ多種多量に飲んでよく死なないなと心配に思うのがまず第一印象です。
最近でこそようやくポリファーマシー(多剤大量投与)の問題を批判するマスコミ記事や書籍が増えましたが、長年にわたって「病気で受診したらとりあえずクスリ。外来に行けば行くほどクスリが増える。患者側からも何かいいクスリはないかととにかくクスリを出すことを強く求められ、医療側も外来で説明する時間も限られているのでとりあえずクスリを出してその場をしのぐ」という現実から逃れられないようです。私の知人からも某大学病院で多種多量のクスリを出されて薬物中毒で救急で運ばれてきた患者を何人も診されられて困っているという話をよく聞きます。
日本は世界中でも飛びぬけてクスリが多く使われる国で、あるクスリは世界のシェアの7~8割を占めるという冗談のような事実があるようです。神経内科の分野ではパーキンソン治療薬のドカ盛り処方、精神科の分野では抗精神薬のドカ盛り処方が散見され、さらに認知症患者になるとコリンエステラーゼ阻害薬も加わり、ありとあらゆる多種多量の神経系のクスリが混在していて何が起こるかわからない想定外のカオス状態になることは容易に想像できます。
中でも一番拙い処方は、効果があるかどうかわからないクスリの際限なき追加です。パーキンソン治療薬というのはレボドパ配合剤以外にも、抗コリン剤、ドパミン放出促進薬、ノルアドレナリン補充薬、ドパミン受容体阻害剤、COMT阻害剤、MAO-B阻害剤、レボドパ賦活剤、アデノシンA2a受容体拮抗薬と9種類もあり、現行の保険診療では無制限で何種類の治療薬を高用量でいくら使っても保険上ではまったく問題視されていないようです。しかし逆に1つのクスリを低用量で維持すれば、規定通り用量を上げない理由は何故なのか説明せよとか言われる。本来は用量というのは年齢や体重で担当医の裁量の範囲で決めるべき事であって、85歳の患者でも55歳の患者と同じように一律で用量を上げるのが当然だとでも言うのでしょうか?その一方で85~90歳の患者に高用量を使う事のほうが危険なはずなのに不問にされている。全くもっておかしな話です。また、1つのクスリが十分効かなければ、これでもかこれでもかと外来に行くたびにクスリの種類と用量が増えていって最終的には信じられないほどの種類と量のクスリを飲んでることになってしまうというパターンが多いようです。特に「進行性核上性麻痺サブタイプの症候群」に対する無意味で不必要なドカ盛り処方は目に余りますし、この病気にパーキンソン治療薬をいくら積み重ねてもムダだというのは、いくつもの医療機関を受診した患者さんから教えられました。「レビー小体病」もあらゆる症状が出現するのでドカ盛り処方されて悪化してしまう傾向にあるようで、特にパーキンソン症状が先行するタイプはそうなる傾向があります。多くのケースではムダに医療費がかさむだけで患者さんにとってほとんどメリットはありません。そればかりか神経系のクスリは必要以上に盛られると、結果的に幻覚・妄想・衝動制御障害・せん妄などを引き起こし、麻薬中毒と大差ない状況になってしまい非常に危険なので注意が必要です。
患者側も医療側も日本国内で常態化しているポリファーマシーの問題を今一度考え直すべき時ではないでしょうか?


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2014-09-19 14:16 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line