パニック処方

一昨日、旧知の病院勤務医の内科医からメールがきました。その内容は当地(西日本)では神経内科の基幹病院とされている、ある有名病院の神経内科から町病院へ転院してきた患者についての相談でした。
82歳女性で診断名はよくわからん外人の名前だったようです。リボトリール6mg/日、デパケン800mg/日、テグレトール200mg/日、その他ミラペックスも使われていたとのことでした。どういう経緯でそういう常軌を逸したパニック処方になったのか?は不明のようです。
どうやら何らかの神経難病らしく寝たきりで、気管切開と胃ろうがされているほど進行しているそうですが、知人いわく「こんなの神経内科が創り出した単なる薬害患者じゃないか?」との意見でした。「誤診と違いますの?神経内科は精神科とほとんど同じで患者をすべて「パーキンソン」にして抗パーキンソン治療剤を多剤大量処方して薬物中毒にしてるだけではないのか?」と同じ病院に勤務する内科医も言っていたそうです。
病院の精神科や神経内科の医者が皆このようなパニック処方をするとは思いませんが、当院にわざわざ都内某所から通院されている患者さんもかつては近隣の有名病院の神経内科の外来に通院していて、薬で病状がどんどん悪化していくとご家族が直感的に心配されて受診されました。お薬手帳を拝見すると目を覆いたくなるような典型的なパニック処方でした。初診時はまず患者さんに有害だと思われる処方を3~4種類中止させることから始まりましたが、当院先日4回目の受診ですっかり精神的にも安定して良くなったようで、遠路から通院していただいた甲斐があったと安堵したものです。有名病院で勤務しているという事で、患者さんが方々から殺到して一人一人の患者さんに対して冷静に薬剤の効果や副作用について考察する時間的・精神的余裕がないのかもしれません。
ただ一つ言えることは、パニック処方で病気が悪くなる事はあっても、良くなる事はないと言うことです。
神経系に作用する薬剤はどんな薬でも高い確率で副作用で患者さんを悪化させてしまうリスクをはらんでいますので、より慎重に使わなければなりませんが、残念ながらあまりそういう事が意識されていないように思います。


新横浜フォレストクリニック
内科・漢方内科・老年内科・神経内科

JR・新幹線・横浜市営地下鉄 
新横浜駅 篠原口より徒歩1分






[PR]

by shinyokohama-fc | 2014-09-12 14:24 | 治療
line

新横浜フォレストクリニック(横浜市港北区・新横浜駅)の院長が日々綴る様々な情報を発信するブログです


by shinyokohama-fc
line